誰にでも勝てるチャンスのあるオンラインカジノゲームは世界で人気

ディーラー

人気カジノゲームのブラックジャックの基本用語を解説します!

トランプ

オンラインカジノの主要カジノゲームの1つ、ブラックジャック。Aを1、数字カードはそのままの数字、J、Q、Kを10とし、21を超えないように近づけた方の勝利です。今回は、カジノゲームで人気のブラックジャックの用語を解説します。
まずはベット。これは賭ける事を指します。ブラックジャックをプレイしている人のなかでこの言葉を知らない人はいません。
ディールは、オンラインカジノだから覚えておく必要のある用語です。ディールとは、ディーラーと呼ばれるカジノゲームの胴元が、カードを配る事を指します。
続いてはブラックジャックゲームに関する用語です。まずはヒット、もう1枚カードを引く事を指します。スタンドはその真逆です。カードをもう1枚も引かずに、手持ちのカードで勝負する事を指します。
そしてスプリットは少し複雑です。ゲーム開始でディーラーから配られた2枚が同じ数字だった場合、その2枚を1枚づつ2組に分け、それぞれ独立した手持ちカードとして勝負する事をスプリットと言います。スプリットをするには、ゲーム開始に賭けた金額と同じ額を追加でベットします。
ダブルダウンは、掛け金を2倍にしてカードを1枚だけ引く事を指します。勝てそうな時に強気にプレイします。オンラインカジノではダブルと表示されています。反対にインシュアランスは、ディーラーがブラックジャックになる事に対してベットする事です。賭け金の半額まで賭けられます。

カジノゲームの王様!バカラの基本用語について紹介!

バカラは、カジノゲームの王様と言われます。オンラインカジノでも人気のカジノゲームです。どちらかのプレイヤーのカード点数の下1桁が9に近くなるかを予想するゲームで、とてもシンプルなのが特徴です。今回は、そのバカラの基本用語について解説します。
プレイヤーは、カードが先に配られた先手の人です。バンカーはカードが後に配られた後手の人です。バカラは、最小にプレイヤーとバンカーにそれぞれ2枚づつカードが渡されるのですが、追加でもう1枚引く事をヒットと言います。反対にカードを追加しないのはスタンドです。
そして、最初に配られた2枚のカードの合計値が8か9だとナチュラルです。プレイヤーが9の場合、バンカーも9でない限りプレイヤーの無条件勝利です。プレイヤーが8ならバンカーが8や9でない限り無条件勝利になります。ピクチャーとは、JQKの絵柄カードの事です。10のカードとこのピクチャーは0としてカウントされます。
バンカーに勝利するを賭けて的中した場合、配当金の中から手数料が差し引かれます。これをコミッションと言います。そしてミニマムベットは、最低賭け金額、マキシマムベットは最高賭け金額です。ミニマムベット以上マキシマムベット以下で賭けなくてはなりません。現在はバカラも、オンラインカジノゲームで気軽に楽しめるようになっています。

カジノゲーム「ブラックジャック」の遊び方

カジノゲームの一つに、「ブラックジャック」という物があります。
これは、プレーヤーとディーラーが1対1で勝負するという物で、カードを合計した数字が21に近いほうが勝ちというカジノゲームです。
同じテーブルにプレーヤーが複数いても、勝負はディーラーとの1対1だというのが、このカジノゲームの特徴です。
では、ブラックジャックのルールですが、2~10までのカードはそのままで、絵札は10として扱い、「A」は「1」もしくは「11」として扱うことができます。
21を超えてしまうと「バースト」として負けになりますが、プレーヤーが先に手を確定させる必要があるので、どちらもバーストしていたとしても、プレーヤーの負けとなります。
そして、このゲームの名前にも使われている「ブラックジャック」は、「10」「J」「Q」「K」「A」の組み合わせのことです。
これは、3枚以上で21を作った場合よりも強いため、ブラックジャックを作ったほうが勝ちとなります。
そして、配当は基本的に「勝ったら2倍」となっていますが、ブラックジャックで買った場合は2.5倍となります。
ちなみに、どちらもブラックジャックを作った場合は、ディーラーの勝利となります。